つれづれ旅写真・徒然マリン


 

 

株式投資にかける金額の設定方法

 

株式投資のために知っておきたいメリットとデメリット

 

賢く儲ける株式投資の見極め方

 

株式投資でのお得な確定申告の仕方

 

簡単に株式投資で稼ぐための秘訣とは

 

株式投資をする前に知っておく種類

 

株式投資で損をしないコツを公開

 

インターネットを利用した株式投資の取引方法

 

株式投資を成功に導く分析テクニック

 

 

 

初めて株式投資をする人向けの基本情報

 

投資を行う際にはその時々の情報を広く収集し、様々な指標を見つつ判断する事になるのですが、

2012年の政権交代にともなう大幅な景気回復はその後も継続的に推移しています。

2013年から2014年にかけても設備投資の先行指標として見られる機械受注が前年比で伸びを見せ、

また消費税増税後も一時的な減速はあるものの投資回復や地方経済の活性化などが

景気を下支えするものと考えられています。

投資の中でも株式投資はテレビニュースでも株価が伝えられるなどベーシックな投資の一つとなり、

景気の回復が継続している昨今においては是非ともはじめてみたい投資となります。

初めて株式投資をする方に向けての基本情報としてまず押えておきたいのは

どのような仕組みで利益を出すかで、企業は資金調達のために株を発行して

それを購入した投資家は株主となるのですが、

購入した後の株は企業の業績により価値が上がれば下がることもあり、

購入時の金額より高くなり価値が上がった時点で売却すれば利益にすることができます。

つまり購入金額と売却金額の差額を利益にし、

それを積み重ねて投資を繰り返すことが基本的な仕組みになります。

また差額による売却益をキャピタルゲインと呼ぶのに対してインカムゲインと呼ばれる利益もあり、

これは企業が株主に対して行う配当のことをさしています。

配当とは企業が自社の株を購入してくれた株主に対して、

お礼として会社の利益の一部を株主に還元するもので、

1株持っていると何円と現金で配当を受けることができます。

続いて初めて株式投資をする方に向けての基本情報として押えておきたい事に、

投資により儲かるか否かがポイントとなります。

投資を行う以上は損をするわけにはいかなく確実に利益を出さなければなりませんが、

個人で初めて投資する際には往々にして失敗するケースも多くあり、

まずは基礎知識や基本情報をしっかりと蓄え、小額から徐々に実践力を養うことが重要になります。

[トップ ページ]